資産価値を高めるリフォーム

空室対策は入居者様が永く住みたいと思える住空間を提供すること

「なぜ、満室にならないのか?」と考えたとき、⽴地や家賃にばかり⽬がいってしまいがちです。

しかし、一般的に、部屋の中が汚れていたり⾒た⽬が悪い建物に住みたいと思うお客様は少ないでしょう。 部屋の中や外壁の補修、設備投資の提案など、物件の付加価値を⾼めるために、「どのようにリフォームするのか?」ということは空室対策の⼤きなポイントになります。

ベストな状態で⼊居者様を迎え、⼼地よい⽣活を送ってもらうために何をすべきか?。当社は、退去時の原状回復だけでなく、⼊居者様の視点で必要なリフォームやリノベーションをご提案し、満室の状態を維持することに努めています。

資産価値の向上は、⼊居者様が永く 住みたいと思える居住空間を提供すること

将来を見据えてオーナー様に合ったご提案をいたします

エリアや時勢によっても不動産価値は異なります。当社では、リフォームや改修のご提案以前にエリアマーケティングや競合物件調査など、事前調査を徹底的に⾏った上で必要に応じたご提案をいたします。
オーナー様の物件に対する将来設計やキャッシュポジションなどから多角的に分析、建築業者、⾦融機関・税理⼠・会計⼠と連携を計りながら、無理のない計画をご提案、資産価値の向上を実現します。

リノベーション施工例

北海道恵庭市内 2014年12月完了

リノベーション例1
リノベーション例2
リノベーション例3