入居者募集(リーシング)に強い

入居者募集(リーシング)はお任せください!

リーシングとは、賃貸物件にテナント付けや客付けを仲介業務のことです。最近では、仲介業務だけでなく、店舗・事務所の⽴地調査、賃貸条件の設計・調整など、賃貸の収益性を向上するためのサービス全般を指す場合もあります。

当社の年間平均⼊居率は98%を超えます。なぜ、⾼い⼊居率を誇ることができるのか?
その理由の一つ「リーシングの強さ」についてご紹介します。

賃貸管理業務において最も重要なことは、
「 新規⼊居者様を空室期間をつくらずに早く⾒つけること 」
この能⼒の違いが管理業者の良し悪しを左右するといっても過⾔ではありません。

当社がリーシングを得意とする理由

当社は、仲介業専⾨の部署を持たず、幅広いネットワークを活⽤した入居者募集を⾏っています。

仲介店舗を持ちながら管理するというスタイルでは、募集間⼝が狭くなってしまいます。中⽴の⽴場でそのエリアの仲介専⾨業者すべてに空室情報を提供することで、幅広く周知を⾏いスピーディーな入居を実現しています。

自社で仲介を行う場合
限られたリソースで仲介を行うと、募集間口が狭くなってしまいます

パーフェクトパートナーより仲介委託
幅広い周知により、客付けの機会が圧倒的に増えます

最新のスマホアプリで⼀⻫に情報を配信!

スマホアプリで一斉に情報配信
当社 独⾃開発、スマホ配信⽤アプリで、仲介業者様、地域の不動産会社様に空室情報をスピーディーに届けます。

【情報配信】
・空室⼀覧
・家賃変更情報

連携する仲介業者へタイムリーに空室情報が届くため、物件によって情報が滞るといったロスが起こりません。

賃貸管理以外でも不動産事業のIT導入を積極的に進めており、収益不動産を取り扱うオーナー様を支援しています。

実際に⾜を運び、地元の賃貸業者と密に情報を共有します

先に述べた様に、当社はあえて客付け専⾨部署持たないため、客付けのカラーという強みはありません。逆に、多くの仲介業者が当社の管理物件を案内しやすい状況をつくることに力を入れています。

仲介業者に直接出向き、そのエリアの賃貸状況について沢山の情報を収集します。妥当な家賃や人気の物件情報など、お客様と直接お話をされる機会の多い地元業者ならではの話を聞くことで次の戦略に役立てています。

仲介業者は、案内しやすい優良な物件、かつ入居後の管理がしっかりしている会社の物件を優先して紹介したいので、当社との協力関係は自然と強固なものになっています。

様々な媒体で、当社の集客ノウハウを活かしています

入居者募集の活動は、仲介業者に全て任せているわけではありません。
当社ノウハウを駆使した広告戦略には特に注力しています。管理物件で空室予定があると、提携する仲介業者宛てに⼀⻫配信を⾏いすぐに募集を開始します。それと共に、ポータルサイト、チラシ折込、ポスティング、地元新聞、フリーペーパーなど、各種媒体へ出稿し幅広い募集活動を行っています。
各媒体での効果的な⾒せ⽅を熟知していますので、物件を探している⽅の⽬にとまりやすくミスマッチも起こらないため、早期契約へつながっています。

広告出稿