IoTアパート「PPit HOME」(オーナー様向け)

IoTタブメニュー
2033年、日本の空き家は約2,150万戸(空き家率30.2%)になると予測されています。
このような、大"空き家"時代にも安心して賃貸経営を行うには、入居者を惹きつける付加価値が必要です。
パーフェクトパートナー株式会社では、IoT化されたアパート・マンションで、入居者さまの満足度を向上させ、一歩先をゆく安定的な賃貸経営をサポートします。

アパートの空室対策が心配ではありませんか?

これからアパートやマンションなど収益物件を購入する方、あるいはすでに保有している方にとって、空室対策は心配のタネではありませんか?
その場合、具体的な空室対策としてはなにが有効でしょうか?

 フリーレントを1カ月つける!?
  広告料を増額する!?

もちろんそれらも悪くありませんが、ここはひとつ、最新のIoT(アイ・オー・ティー)デバイスを導入する、賃貸住宅のIoT化を考えてみてはいかがでしょう?

現在、IoT化されたアパートやマンション(賃貸住宅)が世間的にどう評価されているのか、調査した結果がありますのでご紹介します。
◎ひとり暮らしの若手社会人、IoT化された賃貸住宅に『住んでみたい』46.8%
IoT住みたい
現在、様々な分野でIoT(インターネット・オブ・シングズ)対応機器が増えています。IoTとは、身の回りのものがインターネットでつながる仕組みのことで、AI(人工知能)やIoTの活用により、家電製品の音声操作や遠隔操作のほか、防犯機器等をネットワークでつないで一括管理することが可能となります。

全国のひとり暮らしをしている入社5年目までの社会人男女計600名を対象に、このようなIoT化された賃貸住宅に住んでみたいか尋ねたところ、『ぜひ住んでみたい』(17.3%)、『住んでみたい』(29.5%)合わせて約半数(46.8%)が『住んでみたい』との回答となりました。

◎IoT化された賃貸住宅にために現在の家賃にプラスしていくら払ってもよいか
IoTグラフ
また、IoT化された賃貸住宅にために現在の家賃にプラスしていくら払ってもよいか尋ねたところ、『1,000円以下』(22.8%)、『5,000円』(22.4%)、『3,000円』(21.7%)との回答が上位となりました。
ご覧のように、若者の半数近くがIoTアパートに憧れるか、あるいは興味を持っていることがわかります。
今後もさらに興味をそそるIoTデバイスが開発されてゆくでしょうし、IoT化はこれからの賃貸住宅のトレンドになっていくことは必至だと考えられます。

IoT導入による空室対策のメリット

パーフェクトパートナー(株)のIoTアパート『PPit HOME』は、KDDI社の提供するIoT化キット『with HOME』とのコラボレーションから生まれました。

KDDI『with HOME』との違いは、Google社が提供するAIスピーカー『Google HOME』を標準装備したことと、賃貸住宅の現状に即したセットプランになっていることです。
また、サポート体制については、弊社とKDDI社の協力のもと、万全の体制で行います。
google Home写真
いま話題のAIスピーカー「Google Home」標準装備で若者にアピール
googleHOMEシーン
IoT関連で、いま一番話題になっているものといえば"AIスピーカー"でしょう。質問を問いかけると音声で答えてくれたり、TVや照明などを音声操作してくれるアレです。"スマートスピーカー"とも呼ばれますね。このAIスピーカーの双璧をなすのが『Amazon Echo』と『Google HOME』であり、"PPit HOME"はその『Google HOME』を標準装備しています。

IoTエントリー・プランである『ピピッと Google Homeセット』は、赤外線リモコンとの組み合わせで、Google Homeやスマホで家電を音声や外からコントロールすることができます。シンプルな構成でもっとも低額なセットですので、若者のAIスピーカーやIoTに対する興味を引くのに最も手軽なプランです。
google Home写真
セキュリティ面を強化して若い女性にアピール
IoTセキュリティ
『ピピッと Google Homeセット』にマルチセンサー(窓用/ドア用)を追加し、セキュリティ面を強化したのが『ピピッと スタンダードセット』です。
若い女性の一人暮らしはなにかと物騒なもの。センサー設置すると、留守中に玄関のドアや窓が開くとスマホに通知が届きます。
スタンダードセットを入れることで、IoTの便利性ばかりでなく、防犯性も若い女性にアピールすることができます。

google Home写真
ペット可で差別化を図るなら、もう一歩進んでカメラ&クーラー管理
IoTペット写真
賃貸の空室対策の一つとして考えられる"ペット可"物件。
IoT化で差別化をさらに進めることができます。
『ピピッと パーフェクトセット』では、ネットワーク・カメラで留守中でもペットのようすを見守ることができます。
また、ペットのために留守中もエアコンを稼働させている飼い主さんも多いようで、外からスマホでエアコン管理ができるのは飼い主さん的には重宝することでしょう。

googleHome動画
お料理で忙しいパパ編
たとえ手が離せなくても、Google Homeなら声で家電を操作できます。
IoTセキュリティ動画
一人暮らし女性編
外出先からでもスマホのGPSと連携したり、家電をコントロールすることができます。
IoTカメラ動画
ペットの飼い主編
外出先からネットワークカメラでペットの様子を確認できます。

PPit HOME導入シミュレーション

つづいて、「PPit HOMEの導入(IoT化)」で、本当に賃貸経営はもっと安定するのか、想定される事例で簡単なシミュレーションを行ってみましょう。
IoTケース1
アパートをIoT化でキャッシュフロー増!!
IoT導入事例1

IoT導入case2
空室の機会損失 & リフォーム費・広告費削減に!!
IoT導入事例2


 「退去抑制効果」「空室期間短縮」⇒ 回転率が低くなります!

PPit HOME サービスプランのご紹介

KDDI社の提供するIoT化キット『with HOME』とのコラボレーションから生まれたIoTアパート『PPit HOME』。
「ピピッと Google Homeセット」「ピピッと スタンダードセット」「ピピッと パーフェクトセット」の3つのセット・プランをご用意しております。
詳細は、下の各ボタンよりご確認ください。
google HOMEデバイス

googlehomeIoTセキュリティセットIoTパーフェクトセット


PPit HOME お問い合わせ

賃貸住宅のIoT化は、いずれ避けて通れない道です。
あなたもこの機会に、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?
弊社とKDDI社が提供するIoTアパート「PPit HOME」に関する疑問などございましたら、お気軽に下記までお問い合わせください。
電話問合せ
お問合せボタン